羊毛フェルト|椿(ツバキ)花の作り方

jizou6

羊毛フェルト初心者でも、多少不器用でも、自由自在に形作れるのが羊毛フェルトの魅力の一つです。
また、羊毛自体あったかく、眺めているとなんだかほっこり癒されるのも、羊毛の魅力ではないでしょうか。

jizou7
tsubakihime2

今回は、フェルトドールに着物風の衣装を着せました。素材は正絹。

チロリアンテープで帯を
ロープは帯締めに

帯の結び方にもこだわりました。
生意気に”変わり文庫”

着物好きなお嫁にいった友人へ、
眺めてほっこりしてもらえたら最高です

椿の花の作り方

<用意するモノ>
○赤の羊毛フェルト・・・適量(3~4cmの花びら5枚つくります)
○白の羊毛フェルト・・・ほんのすこ~しグラデーションに使いました
○ペップ・・・花芯です(手芸店で100円~200円であります)
zairyou1
○緑と黄緑の圧縮フェルト・・・葉っぱにつかいます
○手縫い糸(花びらと似た色の糸)
○フェルトニードル・・・専用の針
zairyou2
○フェルティング用マット
zairyou3

①花びらをつくる

jizou3

・好きな椿の写真見ながら、とにかくフェルトニードルで刺す
※周りを折り曲げる様に刺すのがコツ
・うっすらと白のフェルトを乗せて、また刺す
※なくても大丈夫です

jizou4

②ペップ(花芯)を花びらで覆い椿の花をつくる
花びらを1枚1枚重ねながら、花びらで花芯を包むように糸で縫いとめていく

③葉っぱをつくる
・葉っぱの写真を見ながら、濃い緑色のフェルトにチャコペンシルで葉っぱを書く(2枚)
・切る
・葉っぱの中心の葉脈をつくる
・・・薄い黄緑色をできる限り細~く(私は1mmを目指しました)
・葉脈を置いて、ニードルフェルト針で刺して合体させる
・・・ちぎれても気にしない!それも味です味

④ ②と③を縫い止めたら完成

jizou5

是非チャレンジしてみてください!

 

必ず必要なフェルトニードルとマットの基本キット

ハマナカ フェルティングニードルスターターセット

zairyou4 tab-a tab-r

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。