大阪オクトーバフェスト2014-2016/ディアンドル衣裳プロデュース

大阪天王寺で開催されたオクトーバーフェスト2014のイベントで踊る
ダンサーのディアンドル衣裳をプロデュースをさせていただきました。

ディアンドルとは
diandlアルプス山脈の農家の女性が着ていた伝統的な衣装が基礎になっている。ディアンドルは南ドイツのバイエルン・オーストリア語で「娘さん」や「お嬢さん」という意味。オーストリアの街中に出稼ぎに来た農村出身の若い小間使い達に対する「お嬢さん」という呼びかけが、そのまま彼女達が着ていた服装の名称になった。
労働着としての出自から、ほかの西欧および中欧の民族衣装に比べても構成、装飾が非常にシンプルである。1870年代になって、オーストリアで上流の女性にも着られるようになり、ベルベットなどの高価な生地で仕立てられ、刺繍などの装飾が施されるようになった。
現在は日常着としては着用されていないが、五月祭やオクトーバーフェストなどの伝統的な行事の会場で見ることができる。

ウィキペディア

ダンサーのためのディアンドル誕生秘話

ドイツの民族衣装が現在風にアレンジされ、セクシーで派手な衣装の印象が強いのですが、今回の依頼は、もともとお嫁に行く娘さんの為に手編みのレースで作ったブラウスやエプロンが原型にあった。

スカートに関して特に色の指定があった訳ではなかったのですが(コルセット部分に黒を使う事は決定事項)、美味しくビールを飲み、食べる事が前提のイベントなので、あえて赤を提案させて頂いた。

di3

また特徴的なのが、回った時に360度美しい円を描くスカート

ふわ~っとではなく、しっかりと力強く回転し、逆回転した時に、重みでねじれが生じるくらいがベストだという。

素材選びの段階から吟味に吟味を重ね、選んだのがポリエステル混の綿生地だ。

綿100%の場合、洗濯を繰り返すと色の退化が予想できた。毎日着るのに洗濯の度にアイロンをしないといけないなんて面倒くさい。特に黒色が色褪せる様は、見た目よろしくない。また、汗ジミの事も考えられるので、極力表にひびかない様、裏地を付ける事を決めた。汗の吸収を考え、裏地はコットン100%を使っている。
更に、パニエの素材選びにも神経を使った。
重みとろみを兼ね備えたポリエステルを使用。

スカートの裾に錘!?

DSC_5117

ねじれが生じるくらいの美しい円を描く為には、スカートに何かしらの細工が必要だと考えた。

単純に裾に錘がついていたら、綺麗に回るとふんだ。そこで利用したのが、カーテンに使う錘。これがとても便利!
何が便利かというと、サイズがとても豊富にあったからである。パイピングする際に縫い込んでしまおう!と言う事で、一番小さいタイプの錘を使用することにした。

 

完成したのが、こちら!
di4

イベント会場に顔を出した際に一緒にパシャリ♪

o0720040412956387562

アンズプロモーションさまからお手紙頂戴しました。

シュヘラ 藤野様
お世話になっております。
先日、1日(日)にオオサカオクトーバーフェストも無事開催終了となりました。
この度は衣装プロデュース制作にお力添えを頂きまして誠にありがとうございました。
ダンサー陣はもちろんですが、来場者の皆さまにも大変ご好評いただき、
特に今年は女性のお客様からもディアンドルに対する感想が多く寄せられた印象がありました。
魅せる衣装が大きな軸ともなるステージでしたので、藤野様には大変感謝しております。
ご来場いただきました際には私が不在で申し訳ございませんでした。
次回は10月の三宮開催での披露となります。
こちらもまた改めてお知らせさせて頂きたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

お客様に喜んで頂けた事、何よりです。

そして、2016年!
今回は破れてしまったエプロンの代わりを1枚ご依頼頂きました。

「オオサカオクトーバーフェスト 2016」
日時 2016年5月13日(金)~5月29日(日)
平日 12:00~21:00(最終入場は20:30)
土日 11:00~21:00(最終入場は20:30)
※雨天開催、荒天により休止する場合があります。
会場 天王寺公園エントランスエリア 「てんしば」
住所 〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町5-55
入場料金 200円(小学生以下無料)
※未成年者の入場は、成人の同伴が必要
※飲食代金は別途必要
※飲食物の持ち込みは不可

詳細はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.gnavi.co.jp/prt/osaka/oktoberfest/

関連記事

  1. 【おすすめ】アイロン選びに困ったら!?

  2. 不思議の国のアリスのコスチューム監修・作り方の指導

bosyu3